JCBカードはメリットが豊富!
国産の国際ブランドならではの充実した特典

「クレジットカードには国際ブランドが色々あるけど、どのブランドがおすすめ?…」
「JCBカードが信頼できると聞いたけど、特徴や独自のメリットは?…」

クレジットカードを新たに作ろうと考えている方は、国際ブランド選びで迷いますよね。

そこで今回は、国内での使い勝手が抜群で、さらに海外でも何かと頼りになるJCBカードのメリットを丸々ご紹介します!

純国産ブランドのJCBに魅力を感じる方は、ぜひJCBカードならではのメリットを確かめてみましょう!

JCBカードの特徴

カードの特徴はメリットにも直接つながってきますよね。

まずはJCBカードの基本的な特徴をおさえておきましょう。

JCBカードは「日本唯一」の国際ブランド

クレジットカードには、主に5つの国際ブランドがあります。

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

以上の5ブランドですね。

このうち、JCBだけが日本が世界に誇る純国産ブランドです。

JCBカードは、1961年の登場(国際デビューは1981年)以来の実績と伝統がある信頼感も抜群な国際ブランド。日本国内のシェアはもちろんNO.1。近年は海外シェアも着実に伸ばしています。

JCBカードには「プロパーカード」と「提携カード」の2種類がある

はじめにプロパーカードと提携カードの違いを簡単に確認しておきましょう。

「プロパーカード」とは、国際ブランドが自ら発行しているクレジットカード。

プロパーカードといえるのは「JCB」、「アメリカンエキスプレス」、「ダイナースクラブ」の3社が、それぞれ他社との提携なしで発行しているオリジナルカードだけです。

一方「提携カード」とは、国際ブランドと様々な企業が提携して発行しているクレジットカード。

提携カードは、上記(3社のオリジナルカード)以外の全てのカードということになります。

例えば、JCBが自ら発行している「JCB一般カード」はプロパーカードですが、楽天がJCBのライセンスを借りて発行している「楽天(JCB)カード」は提携カードです。

つまり、JCBカードにはプロパーカードと提携カードの2種類があるということですね。

JCBブランドの「プロパーカード」

JCBブランドのプロパーカードは「JCBオリジナルシリーズ」と呼ばれています。

プロパーカードの場合は、どのカードでも「一般カード(スタンダード)」からはじまり、「ゴールド」や「プラチナ」、あるいは「ブラックカード」へとステップアップしていくのが基本ですよね。

ちなみにプラチナ以上のカードでは招待制というケースが多くなっています。つまり、スタンダードやゴールドなどである程度の実績を積まないと、上位カードは持てないということですね。この点がまさにステータスカードといわれる理由です。

ちなみにJCBのプロパーカード(オリジナルシリーズ)には、主に以下のようなカードがありますよ。

  • 「JCBカードEXTAGE」(29才以下限定)
  • 「JCBカードW」(39才以下限定)
  • 「JCB一般カード」
  • 「JCBゴールドEXTAGE」(29才以下限定)
  • 「JCBゴールド」
  • 「JCBゴールド ザ・プレミア」
  • 「JCBプラチナ」
  • 「JCB ザ・クラス」

例えば「JCBゴールド」は条件さえ満たしていれば誰でも申し込めますが、年間利用額など一定の条件をクリアしないと、ワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」を持つことはできません。

ちなみに「JCBゴールド ザ・プレミア」はJCBオリジナルシリーズ対象のインビテーションカードなので、JCBの提携カードで実績を積んでも招待されることはありません。

同様に「JCBプラチナ」は申し込み制ですが、最上位カードの「JCB ザ・クラス」は相応の実績を積んではじめてインビテーションを受けられます。

将来的に、ビジネスシーンでも活躍するJCBブランドのハイステータスカードを持ちたい方は、プロパーカードで実績(クレジットヒストリー)を積み上げていくことが大事ですね!

尚、同じJCBブランドのカードでも、ポイントの優遇や独自サービスといったプロパーカード限定の特典も多々あります。

プロパーカードのほうが、ステータス性の高さや付加価値など何かとメリットが大きいでしょう。

JCBブランドの「提携カード」

JCBブランドの提携カードには、楽天カードやYahoo!カードなど様々なカードがあります。

プロパーカード(JCBオリジナルシリーズ)の場合はJCB独自の「OkiDokiポイント」が貯まりますが、楽天カードは「楽天スーパーポイント」、Yahoo!カードは「Tポイント」が貯まりますよね。

提携カードの場合は、基本的には、そのカード固有のポイントが貯まるケースが多いでしょう。ただし、一部の提携カードではOkiDokiポイントが貯まる場合もあります。

例えば「ANA To MeカードPASMO JCB(ソラチカカード)」のように「OkiDokiポイント」と「ANAマイル」と「メトロポイント」、以上3つのポイントをお得に貯めて相互交換できるカードもありますよ。

いずれにしても、提携カードを選ぶ際には、主にどのポイントを貯めたいのか?あるいは、貯めたポイントを自分が使いやすい別のポイントやサービスと交換できるか?…といった点に着目すると良いでしょう。

提携カードは年会費無料で高還元なカードも多いので、ポイントを貯めるのが第一目的なら確かに魅力的な選択肢の一つではあります。

また、提携カードも上位カードを用意している場合もありますが、ステータス性や実績、信頼感といった点では、やはりプロパーカードにはかないませんよね。

JCBカードのメリット

JCBの提携カードにも様々なメリットがあります。しかし、せっかくJCBブランドを選ぶなら、安心してながく使い続けることができ、さらにインビテーションによるステップアップも魅力的なプロパーカードのほうが断然おすすめですね!

そこで、ここからは、特にJCBのプロパーカード(オリジナルシリーズ)に的を絞って、JCBカードのメリットを詳しく見ていきましょう!

国内「加盟店」が多い、海外でも増加中

JCBカードの国内シェアはNO.1。そのため、JCBカードなら、日本中どこで使っても行き届いたサービスが受けられるでしょう。この点がまず最大のメリットですね!

具体的にいうと、JCBカードが利用できる加盟店は国内だけでも1,000万店以上。海外も含めると、なんと3,000万店以上にも及びます。この数字を見ただけでもJCBカードの使い勝手の良さが分かりますよね!

ちなみに、アメリカ国内ではディスカバーカードというクレジットカードがかなり普及しています。意外と知られていませんが、この「ディスカバー加盟店」でもJCBカードが使える店舗が増えています。さらに、カナダやメキシコ、オーストラリア、ニュージーランド…などでは「アメリカンエキスプレス加盟店」でもJCBカードが使えますよ。相互の加盟店を解放する契約を結んでいるからですね。

海外でも、特にハワイや韓国(ソウル)といった日本人に人気が高い観光地ではJCBカードの使い勝手は抜群です。ただ、ヨーロッパの一部や東南アジアなどJCBの普及があまり進んでいない地域があるのも事実です。この場合の対策としては、JCBカードの他に、予備用のVISAかMastercardを2枚持ちしておくと安心ですね。

ポイントアップしやすい「OkiDokiポイント」

JCBのプロパーカード(オリジナルシリーズ)の基本還元率は、一部のカードを除いて0.5%。高還元を売りにしたカードは基本還元率が大体1.0%なので、それらと比べると若干見劣りするでしょう。しかし、JCBも含めて、アメックスやダイナースクラブなどステータス性を重視するカードの場合は、基本還元率は0.5%というのが相場です。その分、各種保険や補償が手厚く、ラウンジ優待など豪華な特典が付帯するのがメリットですよね。

ただし、JCBオリジナルシリーズの場合は基本還元率こそ低めですが「OkiDokiポイント」にはお得にポイントアップする様々なサービスが用意されています。ポイントアップを活用すれば、基本還元率の低さは十分カバーできるということですね。尚、JCBオリジナルシリーズなら、海外の加盟店で使うと基本還元率が2倍の1.0%になりますよ!

ちなみに、高還元がメリットのJCBプロパーカードが希望という方には、とにかくポイントが貯めやすい「JCBカードW(PlusL)」(ただし、39才以下限定)がおすすめです!

「JCBオリジナルシリーズパートナー」は加盟店が多い

ポイントアップのシステムがあったとしても、その加盟店数が少なかったり、メジャーなお店がなかったりすると意味がありませんよね。その点もJCBならぬかりなし。

「JCBオリジナルシリーズパートナー」というのは、JCBオリジナルシリーズの利用者だけがポイントアップサービスを受けられる加盟店のことですね。例えば、以下のようなメジャーなお店でもお得なボーナスポイントが加算されますよ!

  • ビックカメラ(店頭)…2倍
  • セブンイレブン…3倍
  • Amazon…3倍
  • スターバックスコーヒー…10倍

上記のようなサービスなら大体の方が利用していますよね。例えばポイントが3倍になれば、基本還元率0.5×3=1.5%。かなりお得な還元率になるでしょう。

スタバ10倍のポイントアップは期間未定の特別キャンペーン。キャンペーンへの登録後、スタバカードにJCBカードからチャージする必要などがあるので、その点は注意してくださいね。

「OkiDokiランド」経由でもポイントアップ

さらに、400店舗以上が参加しているポイントアップサイト「OkiDokiランド」を経由すれば、最大で20倍のポイントがもらえます。参加店・サービスの一例は以下の通りです。

  • 楽天市場…2倍
  • Yahoo!ショッピング…2倍
  • Amazon…2倍
  • ショップジャパン…7倍
  • Nortonストア…20倍

上記の他にも様々な参加店舗があるので、OkiDokiランドを賢く利用すれば、普段のショッピングでカードを使う度にポイントの貯まりやすさが実感できるでしょう!

「JCBスターメンバーズ」でもポイントアップ

「JCBスターメンバーズ」とは、年間利用額に応じてランクが決まり、翌年のOkiDokiポイントの還元率が20~60%(上位カードの場合は最大70%)もアップするという太っ腹なポイントアップサービス。このJCBスターメンバーズはJCB提携カードも対象となっています。ただし、プロパーカードのポイントアップ率は提携カードの2倍以上なので、やはりJCBオリジナルシリーズを選んだほうが断然お得。

いずれにしても、JCBブランドの特にオリジナルシリーズは、使えば使うほど様々な面でメリットがアップしていくカードといえるでしょう。

最短即日発行・翌日お届け

JCBオリジナルシリーズは、発行までの期間が比較的短い点もメリットの一つ。中でも「JCB一般カード」と「JCBゴールド」は発行スピードの速さが自慢です。カードの発行は早ければ早いほどありがたいですね。

「JCBゴールド」なら最短即日発行・翌日お届けも可能ですよ!ただし、平日の午前11:00までに口座登録と申し込みを完了し、さらに選べるデザインが限定されるなど…いくつか条件があるので注意しましょう。

「ディズニー特典」がいっぱい

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーなので、JCBカードにはディズニー特典がもりだくさん!例えば以下のような特典がありますよ。

「ディズニーデザイン」が選べる

JCBカードを選ぶ際の大きな魅力の一つが、一般カードからゴールドまでディズニーデザインの選択肢がたくさんある点ですよね。

ちなみに、JCBには「ディズニー★JCBカード」という提携カードもあります。ディズニーデザインの種類がさらに豊富で、様々なディズニー特典が受けられる、ファンにとってはまさに夢のようなカードですね。ただし、こちらは「ディズニーポイント」という独自ポイントが貯まるカード。ポイントの使いみちがディズニーリゾートやディズニーストアなどに限定されるので注意しましょう。

ポイントを「ディズニーリゾートのチケット」に交換できる

JCBオリジナルシリーズや一部の提携カードで貯めたOkiDokiポイントと交換できる特典には、オリジナルのディズニーグッズやディズニーリゾート各ホテルの宿泊券、さらに人気のパークチケット(ファストパス)などがあります。尚、パークチケットは1枚につき1,600OkiDokiポイントと交換可能です。

OkiDokiポイントは、ディズニー特典以外の交換先もかなり充実しています。例えば、人気が高いAmazonギフトコードやiTunesギフトカード、JAL・ANAマイルはもちろん、nanaco・Ponta・Tポイント、さらに楽天スーパーポイントやEdy…などに交換することもできますよ!

「JCBマジカル2019・第2弾」開催中

「JCBマジカル」というのは、一定の条件を満たしたJCBカード会員だけが参加できるディズニー特典の特別抽選キャンペーン。主な特典は以下のような内容となっています。

  • パークチケット(ペア・5,000組)
  • 宿泊2名コース(アンバサダーホテル+ペアチケット・100組)
  • 宿泊4名コース(セレブレーションホテル+チケット4枚・200組)

JCBカードなら、こつこつ貯めたポイントを交換するという方法だけでなく、豪華なディズニー特典が当たるチャンスもあるということですね!

ディズニーリゾート内の「特別ラウンジ」が利用可能

ディズニー特典の極めつきは、ディズニーリゾート内にある豪華ラウンジの利用権(年1回)。こちらは、招待制カードの「JCB ザ・クラス」会員限定のスペシャル特典となっています。我こそはという根っからのディズニーファンの方は、こちらのラウンジを目指して頑張って実績を積みましょう!

ちなみに、特別ラウンジはスターツアーズとニモ&フレンズ・シーライダー内の2か所にありますよ。

充実した「海外特典」

JCBカードは国内での使い勝手の良さが最大のメリットの一つですが、実は海外特典も非常に充実しています。主な海外特典は以下のようなサービスやサポートです。

海外主要都市に設置されたJCBプラザ

JCBカードの場合、日本人に人気が高い世界中の観光都市に「JCBプラザ」というサービス拠点を設けています。

「JCBプラザ」というのはJTBとサービス提携したJCB会員のための海外サポート窓口。世界各国の主要都市(約60か所)で日本語による細やかなサービスが受けられるのがメリットです。

さらにJCBが独自に運営する「JCBプラザ・ラウンジ」では予約や緊急時の対応はもちろん、JCB会員と同伴者の方なら無料で自由に寛ぐことができますよ。ちょうど空港のラウンジ特典みたいな感じですね。

至れり尽くせりな快適ラウンジサービスが受けられる「JCBプラザ・ラウンジ」はホノルル、グアム、ソウル、香港、シンガポール、台北、バンコク、パリの8都市にありますよ。こちらにお出かけの際は、ぜひ利用しましょう!

JCB海外お買い物保険

JCBブランドなら、基本的には、どのクレジットカードでも「海外お買い物保険」というサービスが付帯します。これは、JCBカードを使って海外のJCB加盟店で買い物した際に、年間最大50万円までショッピング保険が適用される付帯特典です。海外でショッピングを楽しみたい方には心強いメリットの一つですね。

JCB紛失・盗難海外サポート

海外でカードの紛失や盗難にあった場合でも、JCBカードなら「紛失・盗難海外サポート」というサービスが受けられます。海外専用の緊急カードをその日に再発行してくれるサービスもありますよ。

尚、カードの紛失・盗難時には「JCB紛失盗難受付デスク」という専用窓口があり、年中無休24時間体制で対応してくれます。上記の「JCBプラザ」でも緊急対応してくれるので、トラブルの際は慌てずに、まずは最寄りの「JCBプラザ」に相談しましょう。

JCBカードには様々なサポートが用意されているので海外でも安心ですね!

特に「ハワイ特典」が豊富

海外でJCBカードのメリットを最大限に実感できるのが何といってもハワイです!

例えば以下のような特典がありますよ。

ハワイの2か所に「JCBプラザ・ラウンジ」

ハワイの場合、ホノルルに2か所のJCBプラザがあります。

ワイキキ(ワイキキショッピングセンター2F)のJCBプラザは優待サービスが受けられるラウンジなので、JCB会員の方だけでなく同伴者の方もゆったり寛ぐことができるでしょう。

アラモアナ(アラモアナセンター1F)にあるJCBプラザのほうは、主にホテルやオプショナルツアーの予定などを扱うサービス窓口です。

どちらのJCBプラザでも、困りごとや緊急時の相談などに日本語で親切に対応してくれるので助かりますね。

「ワイキキ・トロリー」乗り放題

ハワイ観光で大人気なのがワイキキ・トロリーのバスツアー。期間限定(~2022年3月31日まで)のキャンペーンですが、JCBカードを提示すれば、ワイキキ・トロリーの「ピンクライン」という路線に1日何回でも無料で乗車することができます。

尚、JCB会員の方だけでなく、同伴者の大人1名様と子供(11才以下)2名様まで無料になります!

「ショッピング・ホテル」でも優待割引

ハワイでは、オアフ島はもちろん全島にJCBカードの優待店があります。さらに海に面した人気のブランドホテルなどでも、JCB会員限定の優待割引が受けられるメリットがありますよ。

ちなみにJCBが提供している「たびらば」という情報サイトやアプリを利用すれば、ショッピングからホテル、現地ツアーまで様々なJCB優待情報が手軽に入手できます!

「チケットJCB」もメリット満載

「チケットJCB」というのは、JCBが提供するチケット予約サービス。JCB会員限定の先行予約や特別割引も行なっています。JCB専用のチケット枠が確保されているので、他では中々入手できない宝塚やジャニーズ関連のチケットなども高確率で予約できるでしょう。JCBカードは、エンタメファンの方にもメリット満載のカードといえますね!

また、JCBプレミアム会員(ゴールド以上)の場合には、さらにチケットが取りやすくなったり、良い席を確保してくれたりする「プレミアム優待」という特典が受けられます。

JCBカードは、お得かつ便利にショッピングができるだけでなく、ディズニーやハワイ、エンターテイメント…など人生を楽しむためにあるカードということですね!

「Apple Pay」にも対応

JCBブランドのプロパーカード(オリジナルシリーズ)は実績が豊富なため、セキュリティ面がしっかりしている点も魅力ですよね。このJCBカードをApple Payに登録して決済すれば、さらに強固なセキュリティを実現することができるでしょう。

ちなみに、Apple Payは(2019年11月)現在、基本的にはVISAに対応していません。Mastercardやアメックス、JCBなら対応可能となっています。

便利かつセキュリティ性が高いApple Payが利用できる点も、JCBカードの嬉しいメリットの一つといえますね。

まとめ

今回はJCBカードの特徴や独自の特典、さらに付加価値などをご紹介しつつ、そのメリットをじっくりと検証してきました。

JCBカードのメリットや要チェックポイントを簡単にまとめると…

  • JCBカードは日本が世界に誇る国際ブランド。国内シェアNO.1で海外の加盟店も増加中。使い勝手が抜群で細やかなサービスが受けられる!
  • JCBカードにはプロパーカードと提携カードがある。特にJCBオリジナルシリーズは、ステータス性や付加価値が高くておすすめ。使えば使うほどメリット増大!
  • JCBオリジナルシリーズには「オリジナルシリーズパートナー」や「OkiDokiランド」、「スターメンバーズ」といったポイントアップのメリットが満載!
  • JCBカードなら各種海外サポートやハワイ、ディズニー、チケット先行予約・割引など旅やエンタメ好きの方にも嬉しい特典が盛りだくさん!
  • JCBカードはApple Payにも対応でき、豊富な実績に裏づけられたセキュリティの高さもメリットの一つ!

…以上のようなことになりますね。

日本を代表する安心と信頼の国際ブランドJCB。

その魅力がたっぷり詰まったJCBカードは、一言で表現すると「日本人に最適化されたクレジットカード」。つまり、日本で暮らす方、あるいは日本人に人気が高い観光地に旅行する方などが最もメリットを享受できるカードということですね!

特にJCBオリジナルシリーズの各カードは、使うほどに輝きを増し、ビジネスからプライベートまで、あらゆるシーンにおいて頼もしいパートナーとなってくれることでしょう。

上記のようなメリットを一通り確認し、JCBカードの魅力に確信がもてた方は、どのカードにするか選んで早速申し込みましょう!