三井住友カードのメリットって何?
実はポイントアップしやすいカード

「三井住友カードは確かに有名だけど、実際にどんなメリットがあるの?…」
「三井住友カードはポイントが貯まりやすいと聞いたけど、本当かな?…」

現在、三井住友カードの申し込みを検討している方は、メリットの詳細や噂の真相が気になりますよね。

三井住友カードは、運用実績も豊富で信頼できるメジャーなクレジットカード。でも、単にネームバリューがあるだけでメリットがあまりなかったら考えどころですよね。

そこで今回は、三井住友カードのメリットや真の実力を詳しくご紹介します!

三井住友カードに魅力を感じている方は、真価のほどを、ぜひ確かめて下さいね!

三井住友カードの「メリット」は?

三井住友カード最大のメリットは、何といってもプロパーカードの「信頼感」です!まずはこの点をご説明しておきましょう。

三井住友カードには「プロパーカード」と「提携カード」の2種類があります。

「プロパーカード」は、三井住友カードが自ら発行するカード。「提携カード」は、三井住友カードと他社が提携して発行しているカードです。

プロパーカードの一例は「三井住友クラシック」や「三井住友ゴールド」といったカードですね。

「プロパーカード」とは、厳密にいうと「国際ブランド(JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブ)」が自ら発行するカード。VISAやMastercardにはプロパーカードはありません。ただし、三井住友のプロパーカードは自社発行なので、広義のプロパーカードといえるでしょう。

三井住友カードのプロパーカードは、三井住友カードが発行から運営まで責任を持って行っているひじょうに信頼性の高いカード。この「信頼感」が、まず最大のメリットという訳ですね。

三井住友カードはVISAブランドを中心に展開しています。ただしプロパーカードなら、基本的にはMastercardブランドにも対応していますよ。この点のメリットは、のちほど詳しくご紹介します!

銀行系カードならではの高い「ステータス性」

三井住友カードは高い「ステータス性」も大きなメリットです!

でも「そもそも三井住友カードはなぜステータス性が高いのか?…」という素朴な疑問が湧いてしまった方もいますよね。その理由を簡単に解説しておきましょう。

クレジットカードは基本的には、以下の4種類に大別されます。

「銀行系」クレジットカード 三井住友カード、MUFGカードなど
「信販系」クレジットカード JCBカード、セディナカード、ライフカード、オリコカード 、セゾンカードなど
「流通系」クレジットカード イオンカード、エポスカード(マルイ)、MICARD(三越・伊勢丹)など
「消費者金融系」クレジットカード ACマスターカード(アコム)など

このうち、最もステータス性が高いといわれているのは「銀行系」のクレジットカードです。

なぜなら、銀行系のカードは入会審査のハードルが高めなので、社会的な属性や収入といった厳しい基準をクリアしないと所有できないからですね。逆にいうと、銀行系カードを持っていれば、ある一定以上の社会的信用が得られることになります。

例えば「ここは私が…」などといってお会計時に三井住友ゴールドカードをサッと出した場合、ランチミーティングをご一緒していた取引先の方は「おっ!三井住友のゴールドか、なかなかやるなぁ…」とおもう訳ですね。

以上のようなことから、三井住友カードはステータス性が高く、メリットも大きいといわれています。中でも「プロパーカード」は「ステータス性」を重要視する方に、ぜひおすすめですね!

「ポイントアップ」しやすい特典が豊富

三井住友カードは、実は「隠れ高還元カード」と呼ばれているのを知っていますか?その理由は以下の通りです。

三井住友カードの還元率は、一部のポイント優遇カード(三井住友デビュープラスなど)を除くと、基本的には「0.5%」です。高還元カードの還元率(約1.0%)と比べると低めですよね。

ただし、三井住友カードには「ポイントアップ」しやすい様々なサービスがあります。スタート時の基本還元率が低めでも、それが2倍、3倍…最大20倍までポイントアップするので、結果的にはかなりポイントが貯まるという仕組み。しかも、ポイントアップが利用できるお店やサービスには「ビックネーム」が多いのもメリットです。誰もが利用するようなメジャーな店舗やショッピングサイトで、ボーナスポイントがザクザク貯まるでしょう。さすがは実績も豊富な三井住友カード。提携先も大手企業や一流サービスが多いということですね。

具体的には、以下のようなポイントアップサービスがあります。

「大手コンビニ・マクドナルド」でいつでもポイント5倍!

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社やマクドナルドで三井住友カードを使うと、いつでも「ポイント5倍」。還元率でいうと、何と「2.5%」のポイントが貯まります!

これらのサービスを全く利用しないという方は、ほとんどいませんよね。三井住友カードは、実は多くの方にとって高還元がメリットのカードといえるでしょう。

ちなみに、ポイントアップ5倍の特典を受けるためにエントリーなどの手続きをする必要はありません。この手軽さもメリットの一つですね。

「選んだ3つのお店」でポイント2倍!

三井住友カードには、ちょっと変わった独自のポイントアップもありますよ。それは「お気に入りのお店」を登録しておくと、そのお店でポイントが2倍になるサービスです。

登録できる店舗は3つですが、自分が最も頻繁に利用するベスト3のお店で、効果的にポイントアップが受けられることになります。このメリットはなかなかのもの。

事前にお店の登録をする必要がありますが、その手間を惜しまず、ぜひ利用したいところです。

「ココイコ!」でポイントアップORキャッシュバック!

三井住友カードなら「街なか」でポイントアップやキャッシュバックが受けられる「ココイコ!」というサービスが利用できます。利用方法は以下の通りです。

まず、街なかの優待店情報が載っている会員専用サイト「ココイコ!」から、行きたいお店を選び「エントリー」しましょう。さらに「ポイント」か「キャッシュバック」どちらかを選択。あとはエントリー期限までに、お店に行ってカードを使用すればOKです。サイトには、そのお店で対象カードを利用すると「ポイントなら何ポイント、キャッシュバックなら何円分」の特典が受けられるかという情報が載っています。コツコツ貯めてあとで使いたい場合はポイント、その場ですぐ割引してほしい場合はキャッシュバックを選びましょう!

街なかで買い物や食事を楽しむ際には、メリットいっぱいのサービスですね。

「ポイントUPモール」経由でネットショッピングもポイントアップ!

三井住友カードの場合、いつもの「ネットショッピング」でもポイントがアップします!

「ポイントUPモール」というポイント優待サイトを経由して買い物するとボーナスポイントが加算されるサービスですね。例えば、楽天市場で2倍、Amazonでも2倍、Yahoo!ショッピングでもポイントが2倍になります。ボーナスポイントの倍率が高めなお店にはGAP(4〜7倍)などがありますよ。ポイントアップ率は期間によって変動する場合もあるので、小まめにチェックして賢く利用しましょう。

こちらは通販好きな方に、もってこいのメリットですね。

「マイ・ペイすリボ」利用でポイント2倍!

三井住友カードでは「マイペイすリボ」を利用した際にも、ポイント2倍の特典が受けられます。

「マイペイすリボ」というのは、三井住友カード独自の便利なリボ払いシステム。毎月の支払い額を設定して定額制で支払うのが特徴です。ただし、設定額を超えた分が自動でリボ払いになったり、あとから自由に支払い額を変更できたりする柔軟性がメリットです。

この「マイペイすリボ」に登録すると、リボ払いの利用がある月には、その月の支払い額の全額がポイント2倍の対象になります。

リボの多用は避けたいところですが、ポイント2倍の恩恵を受けつつ「マイペイすリボ」のメリットもお得に活用したいですね。

「初年度年会費無料」で1年間試せる

三井住友カードの場合、基本的にはどの年会費有料カードでも、インターネットから入会すると「初年度の年会費が無料」になります!

これは、つまり1年間は無料でカードが利用できる「お試しサービス」ですよね。ただし、最上位の「プラチナカード」はこのサービスの例外です。

もしカードの使い勝手に不満があったら1年以内に解約することも可能です。解約手続きはサイトや電話から簡単にでき、違約金や解約手数料を取られることもありません。しかし、短期間でクレジットカードを解約した場合には、いわゆるクレジットヒストリー(信用履歴)にマイナスが付くことがあります。その結果、解約後は三井住友カードだけでなく、その他のカードも作りにくくなる可能性があるので注意しましょう。

1年間お試しOKとはいっても、申し込むカードは慎重に選びたいところですね。三井住友カードの場合は、自分に合ったカードさえしっかり選べば、解約したくなるようなことはないでしょう。

「ゴールドカード」が取得しやすい

三井住友カードは、実は「ゴールドカードが取得しやすい」点もメリットです!

数あるゴールドカードの中には取得が比較的簡単なものもありますが、ステータス性が高い銀行系のゴールドカードは取得が難しいといわれています。

しかし、三井住友カードには、ゴールドカードへの自動昇格コースがあるのがメリットです。そのシステムを簡単にご紹介しておきましょう。

初めての1枚にもおすすめな「三井住友VISAデビュープラス」(18才〜25才限定)は、26才になると「三井住友VISAプライムゴールドカード」(20代限定)に自動で昇格します。さらに、30才になると「三井住友VISAゴールドカード」にもれなくアップグレードです!

つまり「デビュープラス」を作っておけば、30才の段階で確実に銀行系のハイスペックなゴールドカードが所有できることになります。この点もひじょうに魅力的なメリットですね。

VISA・Mastercardの「デュアル発行」が可能

三井住友カードの「プロパーカード」なら、基本的にはどのカードでもVISAとMastercard両方のブランドに対応可能です。ただし「三井住友デビュープラス(VISAのみ)」など一部例外があります。また「提携カード」の場合は、VISAしか選べないカードが多いのでご注意下さい。

国際ブランドがVISAかMastercardどちらか選べるカードの場合には「デュアル発行」もできますよ。デュアル発行というのは、同じカードのVISA版とMastercard版を両方発行することですね。デュアル発行のメリットは、2枚目のカードの年会費がかなり優遇されること。某宅配ピザ店の特別サービスのように2枚目無料…とまではいきませんが、2枚目の年会費は1枚目の「約10〜20%(80〜90%OFF)」程度に抑えられます。これだけ安くなるなら、VISAかMastercardどちらにするか迷った場合はデュアル発行がおすすめですね。VISAとMastercardそれぞれの特典をフル活用すれば、すぐに2枚目の年会費の元は取れるでしょう。この点も三井住友カード独自のメリットです。

Vpassチケットで「会員限定のカード枠」が狙える

三井住友カードには、実はエンタメファンの方にも嬉しいメリットがてんこ盛り。その一つが例えば「Vpassチケット」の優待サービスです。

Vpassチケットというのは、カード会員のためのオンライン予約サービス。三井住友カード会員専用のチケット枠が確保されているので、会員限定の特別割引や先行販売もありますよ。他ではなかなか入手できないブロードウェイミュージカルの日本公演やジャニーズ関連の人気チケットも、Vpassチケットなら高確率で入手できるでしょう。

役立つ「海外特典」がいっぱい

三井住友カードなら、海外旅行好きの方にも嬉しいメリットが目白押し。まとめてご紹介していきますね。

「エアライン&ホテルデスク」

海外旅行といえば、まずは航空券と宿泊先の手配。これがなかなか大変です。

三井住友カード会員になると「エアライン&ホテルデスク」が利用できます。両方の予約をネットまたは電話から楽々済ませることができるサービスですね。特にWeb予約なら年中無休24時間対応可能です。(電話予約の場合は9:00〜17:30※12/30〜1/3休)世界中の約700の航空会社、23万件以上のホテルから希望するサービスを選び、必要事項を記入するだけで簡単に予約できるのがメリットです。

「VJデスク」

航空チケットとホテルの予約が済んでいても、それだけで現地入りすると何かと不安ですよね。

そこで頼りになるのが「VJデスク」。VJデスクとは、世界各国の主要都市に設置された三井住友カード会員のためのサービス窓口です。「観光情報」の提供やレストラン・オプショナルツアー・公演チケット・レンタカーなどの「各種予約」、さらに観光ガイドや通訳の「手配」といった様々なサポートをしてくれます。カードやパスポートの紛失・盗難時には、特に24時間体制で対応してくれるので頼もしいかぎり。海外では言葉の問題がつきものですが、VJデスクなら日本語対応してくれるのがメリットです。

「VJトラベルデスク」

旅に関する特典の極めつきはパッケージツアーの優待サービス。

「VJトラベルデスク」を利用すると、三井住友カード会員とその同伴者の方は、国内外のパッケージツアーが最大で5%割引になるサービスが受けられます。JALパックやクラブメッドなど大手旅行代理店の高品質なツアーの数々が、同行者の方まで含めて全員分まとめて割引になるところが嬉しいメリットですね。

安心の「カードセキュリティ」

さらに三井住友カードはセキュリティの高さもメリットの一つです。

カードには偽造が困難なICチップを搭載。業界最高レベルの検知システムにより、24時間無休体制で不正使用をチェックしています。カードの紛失・盗難など緊急時にも速やかに対応してくれるので安心ですね。万一不正使用された場合でも、被害の届け出日から60日間さかのぼって補償してくれるのがメリットです。ただし、暗証番号を適切に管理していなかった場合など、本人に重大な過失があると補償の対象外となるので注意しましょう。

三井住友カードは、iDやWAONなどの電子マネーやVISAのタッチ(非接触対応)決済、さらにApple PayやGoogle Payといった多種多様なキャッシュレス決済に対応しています。この点も使い勝手の良いメリットですね。

まとめ

今回は、クレジットカード界の老舗ともいえる三井住友カードの真の魅力を徹底検証してきました。

三井住友カードのメリットの数々を簡単にまとめると…

  • 三井住友カードの特に「プロパーカード」は「信頼感」が最大のメリット!
  • 三井住友カードは「銀行系」カードなので「ステータス性」の高さも大きなメリットの一つ。ビジネスシーンでも大活躍!
  • 三井住友カードなら「ポイントアップ」のメリットが豊富。「コンビニ」や「お気に入りのお店」さらに「街なか」から「ネットショッピング」までお得なポイント貯め放題!
  • 三井住友カードには「年会費初年度無料」や「ゴールドへの自動昇格」、VISAとMastercardの「デュアル発行」など独自のメリットが盛りだくさん!
  • 三井住友カードを選ぶと「チケット優待」「海外特典」「高度なセキュリティ」といったお得・便利・安心なメリットが享受できる!

…以上のようなことになります。

三井住友カードはその名に相応しく、独自のメリットや多彩な魅力に溢れるカードでしたね。

ちなみに、ご紹介した中に「ココイコ!」というポイントアップサービスがありましたが、これなどはつい3年ほど前から始まった新サービスです。三井住友カードは実績も豊富な信頼できる老舗カードですが、新しいサービスや決済システムなど時代に合った試みも常に取り入れているということですね。

三井住友カードは、喩えていえば日本が世界に誇る歌舞伎文化のようなもの。つまり、伝統と革新の魅力を併せ持ち、クラシックでありながら同時に新たな輝きを放ちつづける国際レベルのカードです。

上記のようなメリットの数々を確認して、三井住友カードの魅力に確信が持てた方は、早速カードを入手して、キャッシュレス時代の最前列にて伝統と革新の共演を存分に味わいましょう!