マイ・ペイすリボってお得?
リボ手数料が節約できるって本当?

「クレジットカードはポイントが貯まるし、特典もあるからお得で便利だけど、リボ払いはちょっと怖いなぁ…」
「三井住友カードの『マイ・ペイすリボ』ならリボ払い限定の特典があるらしいけど、本当にお得なの?…」

クレジットカードのリボ払いには、人それぞれ、様々な不安や疑問がありますよね。それらの多くは、実はリボ払いの仕組みを良く理解していないことから生じています。

クレジットカードの種類が豊富な現在は、仕組みさえ分かれば、リボ払いのほうが逆にお得になるカードもあります

リボ払い限定の特典が受けられる三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」に興味がある方は、ぜひ参考にして下さいね!

「マイ・ペイすリボ」は仕組みを理解すればお得に使える!

三井住友カードのリボサービス「マイ・ペイすリボ」は、リボ払いがお得に利用できるという点です。

それでは早速「マイ・ペイすリボ」の基本や特徴、さらに賢い活用法を詳しく見てみましょう!

「マイ・ペイすリボ」の基本

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は、「1回払い」を選択した場合、予め設定した「毎月の支払い額」を超えた分が自動的に「リボ払い」になるサービスです。

ただし、お会計時に「ボーナス一括払い」や「2回払い」、「分割払い」を指定した場合は、その通りに支払うことになります。つまり、三井住友カードなら、様々な支払い方法を組み合わせて自分に合った使い方ができるので、その点は安心ですね。

コメント:語学教室やパソコンスクール、エステサロンなど一部のサービスでは「マイ・ペイすリボ」が利用できないこともあります。その場合は、1回払いになるので注意しましょう。

ちなみに「マイ・ペイすリボ」のリボ手数料は実質年率15.0%。無計画に利用していると利息が膨らむので、やはり注意が必要です。クレジットカードの場合は、基本的には、翌月に一括払いできる範囲内で利用するのが賢明ですよね。

しかし、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」なら、リボ払い限定の様々な特典があるので、それらを上手く活用すればむしろお得になるでしょう。

「マイ・ペイすリボ」の特徴

「マイ・ペイすリボ」の主な特徴は「支払い設定が自由」「リボ手数料を無料にできる」「支払い額の増減が可能」以上の3つ。それぞれの特徴について、順を追って見ていきましょう。

支払い金額を「自由」に設定できる

「マイ・ペイすリボ」の支払い方法は、基本的には「定額コース」です。

毎月の支払い額は、一般カードが「5,000円」から、ゴールド以上のカードは「10,000円」から「1万円単位」で自由に設定可能。この設定金額に「リボ払い手数料」を加えた金額を支払うシステムです。尚、利用金額の合計が設定額以下の場合には1回払いとなります。例えば、毎月の支払い設定額が10,000円で、7,000円しか利用しなかった場合(支払い残高が10,000円以下の時)は1回払いということですね。

つまり「マイ・ペイすリボ」に登録していても、毎月の利用を設定額以内にとどめておけば、リボ払い手数料を支払わなくても済むことになります。

「1回払い」ならリボ手数料は発生しない

「あれ?それなら、毎月の支払い額をカードの〝利用限度額〟に設定すれば、リボ払い手数料は発生しないのでは?…」とおもった方もいますよね。

ご明察!実はその通りです。

ただし、このあとご紹介しますが「マイ・ペイすリボ」限定の各種優遇を受けるためには「リボ払い手数料」を支払っていることが条件になる場合があります。確かに上記のような賢い使い方もできますが、その場合は、残念ながら「マイ・ペイすリボ」ならではの優遇サービスの一部しか受けることができません。

以上のようなことから、必要最低限の「リボ手数料」だけ払って、全ての優遇サービスを受けるのが「マイ・ペイすリボ」の最も賢い利用法といえるでしょう。その具体的な方法については、のちほど(3章のところで)詳しくご紹介します!

毎月の支払い額の「臨時増減」が可能

上記のように「マイ・ペイすリボ」の支払いプランは定額コースが基本ですが、Vpassを利用して支払いプランを簡単に変更できるのが特徴です。

ちなみに「Vpass(ブイパス)」というのは、三井住友カード会員のためのネットサービス。Web明細やポイントの残高・有効期間を確認する時などに便利です。

このVpassを利用すれば「増額は千円単位」「減額は1万円単位」で、支払い額の増額・減額ができます。つまり、毎月の支払い額は少なめに設定しておいたほうが、あとあと調整しやすいということですね。

「マイ・ペイすリボ」なら、今月は出費が多いからカードの支払いは少なめにしよう…今月は余裕があるから多めに払っておこう…といった柔軟な支払い方ができる訳です。

ただし、支払い額を少額にすれば当面は助かりますが、その分、利息を余計に払うことになります。逆に、払える時に多めに払っておけば、最終的に支払う利息の総額は少なくて済むでしょう。その辺りのバランスを良く考えて、計画的に無理なく利用するのがおすすめですね。

「マイ・ペイすリボ」の支払い額の変更は、インターネットだけでなく、電話で申し込むこともできますよ。ネットが苦手な方でも便利ですね。

「マイ・ペイすリボ」の特典

「マイ・ペイすリボ」の基本的な仕組みや特徴をおさえたところで、続いては、リボ払い限定の特典やメリットをチェックしていきましょう!

「年会費」が優遇されるカードがある!

「マイ・ペイすリボ」に登録した場合は「年1回以上カードを利用する」という条件さえ満たせば、年会費が「無料」または「半額」になります。ちなみに年会費が「無料」になるのは一般カード(三井住友クラシックなど)です。ゴールド以上(ゴールド、プライムゴールドなど…※プラチナは対象外)のカードは年会費が「半額」になりますよ。ゴールドカードの年会費は10,000円(+税)。半額といっても5,000円も節約できますね。これは、なかなかのメリットです。

尚、一部の提携カード(ANAカードなど)では「割引(約1割〜5割引)」となる場合もあります。また対象カードの場合、本カードだけでなく、家族カードでも同様に年会費の優遇が受けられますよ。

ただし、2021年2月以降は、年会費優遇の条件が「マイ・ペイすリボ」登録後「年1回の利用」(※現在)から「年1回以上のリボ払い手数料の支払い」という条件に変更されます。この点にはご注意下さい。

「ワールドプレゼント」のポイントが2倍に!

「ワールドプレゼント」というのは、三井住友カード独自のポイントシステム。「1,000円(税込)利用する毎に1P」貯まる仕組みです。500種類以上の景品やANAマイル、さらに楽天スーパーポイントやビックポイント、Amazonギフト券やiTunesギフトカードなど…交換先が豊富な点も魅力ですね。

ワールドプレゼントポイント1Pは、主要なポイントに移行した場合、大体5P(5円相当)と交換できます。つまり還元率は約「0.5%」です。

しかし「マイ・ペイすリボ」に登録すれば「リボ払い手数料の請求がある」月は、その月のワールドプレゼントポイントが2倍になります。通常の還元率が0.5%なので「1.0%」ということですね。これは人気が高い高還元カード並みのお得な還元率。かなり魅力的なメリットといえるでしょう。

リボ払い購入商品には「ショッピング保険」が適用される!

三井住友カードの場合、ゴールド以上の上位カードには「ショッピング保険」が付帯しています。

ただし、一般カードの場合でも、リボ払いで購入した商品には保険が適用されますよ。つまり「マイ・ペイすリボ」を利用していれば、一般カードでも「ショッピング保険(国内外対象※自己負担3,000円)」という特典がプラスされることになります。しかも、三井住友カードのショッピング保険の補償期間は200日間と長いのが特徴です。これも嬉しいメリットの一つですね。

「マイ・ペイすリボ」の賢い活用方法

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」には、上記のように、リボならではの様々なメリットがありました。どのメリットを重視するかは人それぞれ違うでしょう。

例えば「年会費の優遇」というメリットがお目当てなら、毎月の支払い設定額以内で利用する…あるいは、支払い額をカードの利用限度額に設定してしまう…という方法もありますよね。つまり「マイ・ペイすリボ」に登録だけしておいて、実際には「1回払い」しか利用しなくても(2021年2月までは)年会費の優遇が受けられるということです。実際にこのような賢い使い方をしている人もいます。

しかし、さらに「ワールドプレゼントポイント2倍」のメリットも享受したい場合には、毎月「リボ払いの手数料」を支払う必要があります。それならば、この手数料を最小限におさえてしまうのが得策ですよね。続いては、その方法を具体的に見てみましょう。

「リボ手数料」は1円でOK!

ワールドプレゼントポイントを2倍にするためには、極端な話、毎月1円でも「リボ手数料」を払っていればOKです。

例えば、請求金額が51,000円だった場合、支払い額を50,000円にすれば、金利が発生するのは差額(残高)の1,000円分ですよね。この場合、実際の利息を計算すると約9〜12円になります。

(1,000×15%×23〜30÷365=約9〜12円※金利が発生する期間を23日〜30日として計算)

以下の計算式を見てもらえば分かる通り、原理的には、支払い後の残高が約100円以上あれば1円以上のリボ手数料が発生することになりますよね。

(100×15%×25÷365=約1円※金利発生期間25日で計算)

つまり、請求された金額全額を支払わずに、あえて支払い後の残高が100円以上(しかも、なるべく少額)になるように調整するのがコツです。

ただし、初回だけは、金利がかかる期間が短くなるので、最低1日と考えて残高が3,000円以上になるように調整しておくと良いでしょう。

(3,000×15%×1÷365=約1円※金利発生期間1日と仮定)

以上のような賢い方法を使えば、毎月数円〜十数円程度のリボ手数料を払うだけで、ワールドプレゼントポイント2倍の特典が受けられる訳です!

「マイ・ペイすリボ」なら、請求金額確定後でも支払い額を変更できるのがポイントの一つ。さらに、リボ払いした分だけでなく、リボ払いを利用した月の全額にポイント2倍が適用されるところがミソですね。

「増額・減額申請」の期間に注意!

上記のような支払い額の調整は、基本的には増額申請によって行うのがポイントです。なぜなら、すでにご紹介した通り「マイ・ペイすリボ」の支払い額の増額・減額申請は「増額なら千円単位」「減額なら1万円単位」。つまり、増額のほうが細かく調整できるからです。そのためには「毎月の支払い額」を少なめに設定しておく必要があるので注意しましょう。

三井住友カードの場合、支払い日の2週間ほど前に支払い金額の通知メールが届きます。通知が届いたら、期限までに、上記のような要領で計算して支払い金額を賢く調整しましょう。

ただし、支払い金額変更の申し込み期間は、引き落とし口座に登録した金融機関によって異なります。ちなみに各金融機関の増額・減額申請の申し込み期間は、三井住友カードの公式サイト内にある一覧表で確認できますよ。いずれにしても、早めに申請を済ませるのがおすすめですね。

「活用方法」のまとめ

上記の方法を簡単にまとめておきましょう。

「ワールドプレゼントポイント2倍」の優遇を受けたいけれど、いちいち金利計算するのが面倒くさい…という方は、以下の3点だけ覚えておけば大丈夫です。

  • 支払い金額の通知メールが来たら、期限までに支払い金額を賢く調整(基本的には増額申請で微調整)する!
  • 初回のみ、マイ・ペイすリボ支払い後の残高が「3,000円を超える」ように調整!
  • 2回目以降は「100円以上」の残高になるように調整しよう!

まとめ

今回はリボならではの特典が満載な三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」について、その基本から応用篇まで詳しくご紹介してきました。

大事なポイントを簡単にまとめると…

  • ・三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は、1回払いの利用分が「毎月の支払い設定額」を超えると自動で「リボ払い」になるサービス。「ボーナス一括払い」や「2回払い」、「分割払い」と併用もできる!
  • 「マイ・ペイすリボ」の特徴は「支払い設定が自由」で「支払い額の変更もできる」ところ。さらに「リボ手数料を払わない」使い方も可能!
  • 「マイ・ペイすリボ」限定のメリットは「年会費優遇」「ポイント2倍」「(一般カードでも)ショッピング保険付帯」の3つ!
  • 「年会費優遇」だけが希望なら、「マイ・ペイすリボ」に登録して、1回払いだけで済ませてもOK!(ただし、2021年2月から適用条件変更。)
  • 「ポイント2倍」のメリットを受けるためには、最小限の「リボ手数料」で済むように支払い額を調整する賢い方法もある。その場合は、支払い後の残高を「100円以上」にしておくのが重要ポイント!

…以上のようなことになります。

三井住友カードは、国内や海外の旅行保険も手厚く、セキュリティ性も高い安心と信頼の優良カード。さらに、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」なら、リボ払いもお得に賢く利用できることが分かりましたね。

金利計算など少々煩わしい部分もありましたが、支払い額の微調整は一度コツさえつかめば、あとは簡単です。

年会費優遇のメリットだけ受けられれば十分という方は、支払い額の調整をする必要はないのでさらに簡単ですね。ただし、2021月2月以降は適用条件が変わるので、その点にはご注意下さい。

リボ払いはちょっと怖いかな?…とおもっていた方も「マイ・ペイすリボ」の仕組みが分かったら、特に不安もありませんよね。基本的には、カードを計画的に無理なく利用していれば大丈夫です。

ただし、リボ払いはあくまでも借金の一種。ご紹介したように、賢く最低限の利息を払うだけで済ませていれば問題ありませんが、リボ払いの多用は禁物です。クレジットカードの使いすぎには、くれぐれも注意しましょう。

ここまでお読みいただいて、「マイ・ペイすリボ」のメリットや賢い利用法が理解でき、不安や疑問が解消した方は、早速カードを申し込んでみましょう!