楽天カードの限度額はいくらまで?
増額するためのポイント

楽天カードはポイントが貯まりやすいので、できるだけ楽天カードに支払いをまとめたいという人もいるでしょう。ですが、たくさんの支払いを1つのクレジットカードにまとめるには、それなりの利用限度額が必要です。

楽天カードは最大でいくらの利用限度額にできるのか、利用限度額を上げるにはどうすればいいのかを知って、楽天カードをもっとお得に利用しましょう。

楽天カードの初期利用限度額は最大100万円

楽天カードの公式サイトには、『限度額最高100万円』と記載されています。つまり、楽天カード発行時に設定される初期利用限度額は、最大100万円になるということです。

ですが、誰でも100万円の利用限度額が設定されるわけではありません。楽天カードに限らずクレジットカードの利用限度額は、カード会社が申込者の年齢や年収、勤続年数、信用情報といった個人情報を審査したうえで決定されます。

人によって返済能力が違うので、誰にでも高額な利用限度額を設定してしまうと、利用代金を支払いきれなくなってカード会社が損をするかもしれないからです。

そのため、楽天カードの初期利用限度額は、審査結果によって5~100万円の間で、人それぞれ個別に設定されます。

クレヒスが十分な方:50万円〜100万円

クレジットカードの初期利用限度額が、いきなり最高額に設定されることはあまりありません。初めてクレジットカードを作る人はどんな人なのか、ちゃんと利用代金を支払ってくれるのかがわからないので、高額な利用限度額を設定するのはリスクが高いからです。

楽天カードの場合でも、平均的な年収で信用情報に問題がなければ、初期利用限度額が30~50万円程度に設定されるでしょう。

ですが、年収が高く、他のクレジットカードで優良な利用実績(クレジットヒストリー)を積んでいる人は、いきなり50~100万円と高額な初期利用限度額が設定されることもあります。他のクレジットカードで優良な利用実績を積んでいるということは、クレジットカードをたくさん使ってカード会社に利益を与える人であり、支払いの遅延なども起こさない信用できる人であると判断できるからです。

「なぜ他のクレジットカードの利用実績がわかるの?」と不思議に思うかもしれませんが、利用しているクレジットカードの契約日、利用限度額、返済状況といった契約・利用・返済情報は、信用情報機関にすべて登録されています。

カード会社は信用情報機関の記録にアクセスして、申込者の信用情報を調査できるため、他のクレジットカードの利用実績がわかるのです。

クレヒスが浅い方・低収入の方:5万円〜10万円

楽天カードは主婦やパート、アルバイトなどの人でも申し込み可能で、収入が低めの人でも審査に通りやすいクレジットカードです。

ただし、年収が低い人、アルバイトなどで収入が安定していない人、他のクレジットカードの利用実績がほとんどない人などは、5~10万円程度の少なめの利用限度額が設定されるでしょう。

もし、年収が低く、さらに信用情報に他のクレジットカードの延滞記録が残っていたりすると、そもそも入会審査に通過できずに楽天カードが発行できない可能性もあります。

申請で最大300万円まで増枠可能

「いろいろな支払いをまとめたいけど、初期利用限度額では足りない」というときは、利用限度額を増枠しましょう。楽天カードは公式サイトに限度額最大100万円と記載されていますが、実は300万円まで増枠可能という情報があるのです。

利用実績に応じて100万円までは自動的に増枠される

そもそも楽天カードは、公式が発表している最大利用限度額の100万円までは、利用実績に応じて自動的に増枠されます。自分で申請しなくても、楽天カードから「利用限度額を増枠しました」とお知らせが来るのです。

初期利用限度額が20万円と低めな人でも、頻繁に楽天カードを使ってしっかり支払いしていれば、たった1年で利用限度額が100万円に上がることもあります。

ネットで簡単に申請可能

自動で利用限度額が上がるまで待てないという人は、楽天カードの会員ページ「楽天e-NAVI」から増枠を申請しましょう。申請手続きの方法はとても簡単です。

  1. サービス一覧から「ご利用可能枠の変更」のページに行く
  2. 「ご利用可能枠の増枠」を押す
  3. 増枠したい金額や理由、他社での借入額などを入力する
  4. 内容を確認して完了する

これで終わりです。あとは、楽天カード側で審査が行われ、約1週間で結果が通知されます。

電話での申請で最大300万円に

楽天e-NAVIからの利用限度額増枠は100万円が上限です。それ以上に利用限度額を上げたい場合は、コールセンターに連絡して相談してみましょう。

審査次第ではありますが、利用実績や信用情報が優良であれば、公式の上限を超える利用限度額を設定してもらえるかもしれません。利用限度額300万円を達成した実例があるので、最大300万円までは増枠できる可能性があると考えてよいでしょう。

一時的な増枠も可能

「普段使う分には利用限度額に問題はないけど、旅行や高額商品の購入のために利用限度額を上げたい」という場合は、一時的に利用限度額を増枠することもできます。一時的な増枠も楽天e-NAVIから申請可能です。

  1. サービス一覧から「ご利用可能枠の変更」のページに行く
  2. 「ご利用可能枠の一時的な増枠」を押す
  3. 増枠したい金額や理由、利用目的、利用予定日などを入力する
  4. 内容を確認して完了する

あとは審査に通過すれば利用限度額が増枠されます。一時的に増枠できる金額の上限は、現在の利用限度額の2倍までです。また、増枠後の利用可能額の有効期限は2カ月なので、あまりに早く申請してしまい、有効期限切れになったということがないようにしましょう。

限度額を上げるためのポイント

自動的な増枠にしろ、自分で申請するにしろ、増枠の際には楽天カードが行う審査に通過しなくてはなりません。どうすれば審査に通過するのか、利用限度額増枠のポイントを紹介します。

楽天カードをメインカードとして利用する

楽天カードの利用限度額を上げたいときは、楽天カードをメインカードにしてたくさん利用しましょう。あまり楽天カードを使っていない人の利用限度額を上げる必要はないので、使わないと増枠しにくくなります。

定期的な支払いに楽天カードを利用する

公共料金やネット回線の料金、携帯電話代など、クレジットカード払いができる定期的な支払いに楽天カードを使うのもおすすめです。

こういった料金を「固定費」といいますが、固定費は金額が大きく、毎月必ず発生するものなので、利用実績を作りやすくなります。固定費の中でも家賃はとくに金額が大きいので、もし家賃がクレジットカード払いできる場合は、家賃も楽天カードで支払ってしまいましょう。

返済遅延をしない

利用代金の支払いを遅延すると増枠が遠のきます。今の利用限度額できちんと支払えないのに、利用限度額を上げたらもっと支払いが遅れるのではないかと警戒されるからです。

もし自分が誰かに1万円を貸したとして、約束した日に返済してくれなかったのに「絶対返すから今度は3万円貸して!」といわれても信用できませんよね。

利用限度額を上げるには、楽天カードから「この人は増枠してもちゃんと払ってくれる」という信用を得ることが重要なのです。

何度も支払いを遅延していると、利用限度額を増枠するどころか減枠されてしまうので、毎月ちゃんと支払いましょう。

登録した個人情報をこまめに変更する

楽天カードに申し込むときに登録した職業や年収などの情報は、変更があったらこまめに更新しておきましょう。

利用限度額の決定には職業や雇用形態、年収などが大きく関わるので、例えばアルバイトから正社員になった、年収が上がったなどという場合は利用限度額も上がりやすくなります。

とはいえ、登録情報を更新しないと、楽天カード側で利用者の職業や雇用形態、年収などが変わったことが把握できません。利用限度額増枠にプラスに働きそうな情報は、しっかり楽天カード側に伝えましょう。

限度額に気をつけて利用しよう

クレジットカードは、自分の利用限度額を超えないように気をつけて使いましょう。利用限度額を超えると、利用代金を支払うまでクレジットカードが使えなくなります。

「1ヶ月の利用可能金額」が限度額ではない

たまに間違えている人がいるのですが、「利用限度額=1カ月で使える金額」ではありません。利用限度額は、そのクレジットカードで支払える上限額です。

仮に、利用限度額が10万円だとして、5万円分の支払いに使ったとしましょう。この場合、利用代金を支払うまではあと5万円分の支払いにしか使えません。

楽天カードは、毎月月末を締め切り(締日)として1カ月分の利用代金を計算し、翌月27日に口座から利用代金が引き落とされます。

もし、10月1日に利用限度額10万円の楽天カードで10万円分の支払いをした場合、その楽天カードが使えるようになるのは11月27日の支払い完了後です。

約2カ月間楽天カードが使えなくなるので、毎月の利用額は多くても利用限度額の半分ぐらいまでに抑えるようにしましょう。

限度額いっぱいになる前に増額申請しよう

利用限度額いっぱいまで使ってしまいそうなときは、早めに増枠申請をしておきましょう。旅行などで少しの間だけ増枠したい場合は一時的な増枠でかまいませんが、ポイントのために支払いを楽天カードにまとめたいというときは、通常の増枠がおすすめです。

なお、楽天カードに入会したばかりというときには、増額申請しても審査に通らないことがほとんどでしょう。入会したばかりでは利用実績がないからです。しばらく楽天カードを使ってから増枠申請に挑みましょう。

まとめ

楽天カードの利用限度額について、重要なポイントをおさらいしましょう。

  • 楽天カードの初期利用限度額は最大100万円
  • 誰でも100万円になるわけではなく、審査の結果によって5〜100万円の範囲で設定される
  • 初期利用限度額では足りなくなった場合は、申請すれば利用限度額の増枠ができる
  • 申請しなくても利用実績を積んでいれば、最大100万円までは自動的に増枠される
  • 増枠には審査があり、審査に通るには利用実績や信用が重要

楽天カードで毎日の買い物や固定費の支払いをすれば、どんどんポイントが貯まってお得に使えます。普通に使っていれば自動的に利用限度額が上がりますが、早めに増枠したいという人は、自分から申請してみましょう。