楽天カードの海外旅行保険の補償内容はどれくらい?
注意点や解決策が分かる

「楽天カードについている海外旅行保険で海外旅行は大丈夫?補償内容は充分なの?」

このような不安を抱えている方のために、この記事では楽天カードの海外旅行保険をメリットからデメリットまでまとめました。

また、海外旅行保険の「利用付帯と自動付帯」の違いなども保険初心者にもわかりやすく解説!

これを読めば海外旅行時の保険に対する不安をぬぐえるでしょう。

非常に手厚い楽天カードの海外旅行保険

補償内容 金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1事故につき200万円まで
疾病治療費用 1疾病につき200万円まで
賠償責任(免責なし) 1事故につき2,000万円まで
救援者費用 年間200万円まで
携行品損害

年間20万円まで

※自己負担:3,000円

結論からいって、楽天カードは年会費無料のクレジットカードとしてはとても手厚い補償内容となっています。

楽天カードにおけるすべての海外旅行保険の補償内容は上記のとおりですが、これだけを見てもいまいち良いのか悪いのかがわからないという方も多いでしょう。

そこで、いくつか大きな特長となる点だけを詳細に見ていきましょう。

傷害・疾病治療の補償金額は最高200万円

海外旅行中に実際に利用する頻度の高い保険は「傷害死亡・後遺障害」といった重篤なものよりも、「傷害・疾病治療費用」です。

そんな傷害・疾病治療費用を楽天カードの海外旅行保険では、1事故につき200万円まで補償。

この金額は年会費無料のクレジットカードとしては最高クラスといえるでしょう。

また、比較的年会費が安いクレジットカードと比較しても同等かそれ以上の補償額です。

家族カード保有者にも保険適用

楽天カードの海外旅行保険には、「家族特約」と呼ばれるカード保有者の家族にも保険が適用される特典がありません。

しかし、その代わりに家族カードにも本カードと同等の海外旅行保険が適用されます。

ただし、あくまで本カードを海外旅行のための支払いに利用した場合に限り、家族カードで支払った場合には適用外となってしまうため気をつけてください。

コメント:そもそも海外旅行保険の付帯している年会費無料のクレジットカードはほとんどないんです!

一般的には年会費が高いクレジットカードか、別途保険料を払うかしないといけないものなのです。

そのような背景もあり、楽天カードの海外旅行保険はかなり充実しているといえるでしょう。

楽天カードの海外旅行保険の注意点

年会費無料のクレジットカードのなかではかなり充実した海外旅行保険がついている楽天カード。

しかし、やはり年会費に数万以上かかるクレジットカードと比較してしまうとデメリットもあります。

ここでは楽天カードにおける海外旅行保険の注意点とその解決策をチェックしていきましょう。

傷害・疾病治療は200万円では少し心許ない

海外の病院に診察・治療・投薬などを受ける場合、日本の保険は適用されません。

そのため、障害や疾病の内容によっては医療費が驚くほど高額になる恐れがあります。

このことを考えると傷害・疾病治療費用の補償額が200万円までというのは、少々不安の残る金額です。

コメント:たとえば、欧米では盲腸の手術で200〜300万かかる国もあるんです……。

傷害・疾病治療保険の補償は上乗せが可能!

補償額の少なさから「年会費無料のクレジットカードじゃ、やっぱり海外旅行保険には向かないのかな……」と考える方もいるでしょう。

しかし、海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードをもう1枚持てば、傷害・疾病治療費用を上乗せできます。

そこでおすすめなのが「楽天カード+エポスカード」という組み合わせです。

エポスカードは年会費が無料なのにも関わらず、障害治療費用は1事故につき200万円まで。疾病治療費用は1疾病につき270万円までという充実した内容が特長です。

楽天カードと組み合わせれば年会費無料はキープしたまま、障害治療費用は最高400万円、疾病治療費用は最高470万円と安心の補償額を実現できます。

付帯条件の「利用付帯」に注意

先程の解説で「自動付帯」という言葉が出てきましたが、これはクレジットカードを持っているだけで保険が適用されるということです。

エポスカードはこの自動付帯となりますが、一般的には年会費の高いクレジットカード向けのサービスといえるでしょう。

一方、楽天カードの海外旅行保険は「利用付帯」。海外旅行時に利用する交通機関やパッケージツアーの料金を楽天カードで支払っている場合にのみ保険が適用されます。

現金やほかのクレジットカードを利用してしまうことのないよう気をつけましょう。

賢く条件をクリアしよう!

一般的な利用付帯の条件は、「飛行機、電車、船、バス、タクシーなどの交通機関」か「パッケージツアー」の料金をクレジットカード支払いにすることです。

そのため、貯めたマイルを利用して海外旅行へ行く場合などは、飛行機代の支払いが原則できず、利用付帯の条件をクリアできません。

しかし、楽天カードに関しては、空港までの公共交通機関の支払いをカードで済ませるだけでも条件クリアとなります。

そのため、たとえマイルでの海外旅行であっても、たとえばタクシーで空港まで行き、そのときの支払いを楽天カード払いにすれば保険適用です。

この条件で海外旅行保険を適用してもらえるのは、楽天カードならではのメリットといったところですね♪

楽天カードは海外旅行でも便利なサービスがいっぱい

楽天カードには海外旅行保険のほかにも、下記のような旅行中に使えるサービスが豊富に用意されています。

利用限度額の一時的な増枠が可能

楽天カードは利用限度額の「一時的な増枠」の申し込みが可能です。

最大で現状の利用限度額の2倍まで増枠が可能なため、「せっかくの海外旅行だから、たくさんショッピングしたい!」という方はぜひ利用してみてください。

一時増枠の有効期間は、増枠後2ヶ月間。その後は自動的に以前の利用限度額に戻るため、手続きの必要はありません。

楽天スーパーポイントはANAマイルに交換可能

普段のお買いもので貯めた楽天スーパーポイントは、2ポイントにつき1マイルを交換可能です。

マイル還元率は0.5%ですが、そもそもとして楽天スーパーポイントは年会費無料のクレジットカードのなかでは高いポイント還元率を誇っています。

そんなポイントの貯まりやすさに定評のある楽天スーパーポイントですから、交換したマイルだけで海外旅行へ行くことも夢ではないでしょう。

楽天ハワイラウンジが無料利用可能

楽天カードの保有者特典として、「楽天カード ハワイラウンジ」をいつでも無料で利用できます。(※ワイキキラウンジとアラモアナラウンジの2か所)

楽天ハワイラウンジでは主に下記のようなサービスを受けられるため、はじめてのハワイ旅行でも満喫できるでしょう。

日本語スタッフによる対応

楽天カード ハワイラウンジには、常時日本語で対応できるスタッフが在中しています。

英語が苦手な方でも、「どうやって目的地まで行けばよい?」や「予約の仕方を教えてほしい」など困ったことがあれば気軽にたずねられるでしょう。

フリードリンクの提供

楽天カード ハワイラウンジには常にフリードリンクが設置されています。

ドリンクのラインナップはお水をはじめ、ハワイ名物の「コナコーヒー」やハワイブランドの缶ジュースなどもあり。

テーブル席や半個室のPCルーム、マッサージチェアも用意されているため、喉を潤しながらのんびりとくつろげるでしょう。

ハワイの各ショップで利用できるクーポン配布

楽天カード ハワイラウンジに設置されている雑誌コーナーには、楽天カードオリジナルのクーポンや地元ハワイのクーポン誌が無料で配布されています。

行きたいお店のクーポンがあればラッキー。クーポン誌を読んで行きたいお店を決めるのもよいでしょう。

手荷物預かりサービス

ホテルにチェックインする前や帰りの飛行機への登場前など、手荷物が多くて観光の邪魔になることもあるでしょう。

そんなときも楽天カード ハワイラウンジなら、手荷物を預かっておいてくれます。

なお、預かり期間は当日中までです。

キッズルーム・最長7日間のベビーカーの無料貸し出しサービス

楽天カード ハワイラウンジは小さなお子様向けのサービスも充実しています。

まず、子どもを遊ばせることのできるスペースが用意されているほか、ベビーカーのレンタルはなんと一週間までOKです。

「赤ちゃんをずっと抱っこは辛いけど、日本からベビーカーを持ってくるのも一苦労……」と悩む必要はありません。

JCBブランドのみ海外ショッピング保険付帯

国際ブランドをJCBにした場合、海外ショッピング保険も楽天カードに付帯します。

海外は日本と比べるとどうしても治安が悪く、せっかく購入したものを盗まれたり壊されたりする恐れもゼロではありません。

楽天カードの海外ショッピング保険の補償額は年間50万円までとなっているため、よほど大きなお買いものでない限りはしっかりと補償してもらえるでしょう。

楽天プレミアムカードならさらに充実した補償内容

「年会費無料の楽天カードではやはり心もとない……」

そう思うのであれば、楽天プレミアムカードも検討してみましょう。

最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯

楽天プレミアムカードは年会費こそ10,000円(税別)かかりますが、その分、さまざまなメリットを得られます。

そのなかのひとつがより充実した海外旅行保険です。

補償額はなんと最高5,000万円。傷害・疾病治療費用に関しては、最高300万円と通常の楽天カードよりも手厚い内容になっています。

また、海外旅行保険の付帯条件も自動付帯。補償額を上乗せるためのクレジットカードとしても利用可能です。

年会費無料のエポスカードと組み合わせたり、より充実したクレジットカードと組み合わせてどんなトラブルでも対応できるようにしたりなど、組み合わせの自由度が広がります。

まとめ

  • 楽天カードの海外旅行保険は年会費無料のなかではトップクラス!
  • 楽天カードの海外旅行保険は利用付帯だけど条件がやさしいのが◎!
  • 補償額に不安を覚える方には「楽天カード+エポスカード」がおすすめ!
  • 楽天カードには保険以外にも便利な海外旅行サービスが豊富!

もちろんコストをかける余裕があるのなら、楽天カード以上の海外旅行保険を持ったクレジットカードはあります。

しかし、なるべくコストをかけずに安心を得たいのなら、楽天カードが断然おすすめです。

ぜひエポスカードの組み合わせも検討しつつ、まずは楽天カードを申し込んでみてください。