楽天カードの解約の手順と解約前に確認しておくべきこと!

楽天カードの解約方法はむずかしいものではありませんが、いろいろなことを確認してから解約しないと、大きく損をするので注意が必要です。

楽天カードを解約する前に確認すべきポイントを、解約の手順とあわせて紹介しますので、確認漏れがないかをチェックしてみてくださいね。

また、「本当は解約したくないけど、カードのデザインを変更したいから解約する」など、仕方なく解約しようとしている人もいるのではないでしょうか。

実は場合によっては、楽天カードを解約しなくても対応できることがあるのです。解約が必要なケースと必要ないケースを把握して、本当に解約すべきなのかを考えてみましょう。

楽天カードの解約方法は電話のみ

楽天カードには「楽天e-NAVI」という会員サイトがあり、そこから住所やメールアドレスなどの変更手続きができます。

解約の手続きも楽天e-NAVIからささっと済ませられたらいいのですが、残念ながら楽天e-NAVIからは解約手続きはできません。

楽天カードの解約は電話による受付のみなので、解約したいときには「楽天カードコンタクトセンター」に連絡しましょう。

電話オペレーターによる対応が必要

楽天カードコンタクトセンターの電話番号と営業時間は以下の通りです。

電話番号:0570-66-6910(この番号が利用できない場合は092-474-6287)
営業時間:9:30〜17:30

楽天プレミアムカードや楽天ゴールドカードを解約する場合は、カードの裏面に記載されている電話番号に連絡する必要があります。なお、上記の電話番号はナビダイヤルなので通話料金がかかります。

楽天カードには24時間通話無料で使える自動音声専用ダイヤルもありますが、解約の際には電話オペレーターによる対応が必要なので、自動音声専用ダイヤルは使えません。

コンタクトセンターは繋がりにくい

楽天カードコンタクトセンターはとても電話が繋がりにくいので、タイミングを見計らってかけるのがおすすめです。

とくに、11:00〜13:00の会社がお昼休みの時間帯は非常に混雑しやすいので、避けた方がいいでしょう。朝一番にかけるのも、営業が開始されるのを待ってかける人がいるので混雑しやすいです。

10:00〜11:00と15:30〜17:30の間が、仕事中の人が多く電話が繋がりやすいので、それくらいの時間にかけるとよいでしょう。

とはいえ、必ずしもその時間帯が空いているとは限りません。支払日の27日前後は問い合わせが増えるので、普段は電話が繋がりやすい時間帯でもなかなか繋がらないことがあります。

楽天カードの公式サイト(https://www.rakuten-card.co.jp/contact/phone/)でリアルタイムの混雑状況を確認できるので、先に混雑状況をチェックしてから電話するとよいでしょう。

国際ブランド変更には解約が必要

楽天カードに不満があるわけではなく、デザイン変更やカードの種類の変更のために解約するという人もいるでしょう。そのような場合、解約せずに対応できる可能性があるので、まずは本当に解約が必要なのかを確認することが重要です。

「国際ブランドをJCBからマスターカードにしたい」など、国際ブランドを変更したいときには、1度楽天カードを解約して再入会する必要があります。

楽天カードの国際ブランドは、以下の4種類です。また解約せずに済むように、再入会のときに国際ブランドを吟味しておきましょう。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス

なお、楽天カードのデザインカードは、JCBとMastercardだけ、JCBだけなど国際ブランドが限定されています。そのため、通常デザインの楽天カードからデザインカードに変更する場合は、国際ブランドも変更しなければならないことが多いでしょう。

さらに、楽天カードの本カードを2枚持つことはできないので、デザインを変更するときには1度解約し、再入会しなくてはなりません。

再入会時には、新規入会特典は対象外

楽天カードには、5,000〜8,000ポイントがもらえる入会キャンペーンがありますが、このキャンペーンは新規入会者が対象です。

国際ブランドやカードのデザイン変更などのために1度解約して再入会した場合は、新規入会者とはいえないので入会キャンペーンの対象外となります。

カード切り替えなら解約は不要

国際ブランドやデザイン変更で解約が必要なら、楽天カードから楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカード、楽天PINKカードなどに変更する場合も解約する必要がありそうですよね。

ですが、楽天カードから他の種類のカードへの変更はカードの切り替えとして処理されるので、解約する必要はありません。さらに、切り替えの場合は楽天e-NAVIから手続きできます。切り替え手続きの流れを見てみましょう。

  1. サービス一覧の「カードのお申し込み・切り替え」で、希望のカード名をクリックする
  2. カードの追加・切り替えのページで、「カードの切り替え」の一覧から希望のカード名をクリックする
  3. 「お申し込みはこちら」のボタンを押す
  4. お客様情報を確認し、必要事項を入力する
  5. 入力内容を確認して申込手続きを完了する

別の種類のカードに切り替える際には、新規入会時と同じく審査があるので、申し込めば必ず切り替えられるわけではない点に注意が必要です。

VISAブランドなら2枚持ちが可能

国際ブランドやカードのデザインを変更するときには、1度退会する必要があると説明しましたが、実は以下の条件を満たしている場合に限り、本カードの2枚持ちが可能です。

  • 1枚目の楽天カードの国際ブランドがVISAで、通常デザインのカードである
  • 2枚目の楽天カードの国際ブランドをJCBかMastercardにする

2枚目のカードが発行できるので、当然1枚目を解約する必要がなくなります。「国際ブランドやデザインを変更したいから解約する」という人は、2枚持ちができる条件に当てはまらないかチェックしてみましょう。

なお、1枚目のカードが楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカード、楽天PINKカードなどの場合は、VISAの通常デザインのカードであっても2枚持ちはできません。通常デザインのカードの2枚持ちも不可です。

とっても残念なのですが、ディズニーデザインのカードは新規入会者向けです。解約・再入会しないと手に入りません。

解約前の注意点

楽天カードは楽天カードコンタクトセンターに電話すれば簡単に解約できますが、解約前に確認しておきたいポイントがいくつかあります。

ここで紹介するポイントをしっかり確認しておかないと、ちょっと困ったことになったり、損をしたりするかもしれないので注意が必要です。

ETCカード、家族カードは利用していませんか?

楽天カードを解約すると、ETCカードや家族カードも自動的に解約されます。ETCカードや家族カードは本カードの追加カードなので、紐付けられている本カードを解約すると使えなくなるのです。

楽天カードを解約する前に代わりのETCカードを用意しておかないと、高速道路でETC専用レーンに入ったものの、決済できずに後続車を詰まらせたり、後で高速道路会社に問い合わせたりする必要が出てきます。

また、家族カードを使おうとしてレジでエラーが出ることもあるので、家族に楽天カードを解約することを伝え、代わりの家族カードを用意しておくことも重要です。

楽天カードの支払いは完了していますか?

楽天カードの利用代金の支払いが残っている場合は、解約手続きを済ませても、引き落としが継続されます。

解約したからといって分割払いやリボ払いにした利用代金が、一括請求されるようなことはありません。ですが、分割払いやリボ払いは手数料が高いので、できれば解約するときに一括返済してしまった方がよいでしょう。

公共料金の支払い方法は変更済みですか?

公共料金やインターネットの通信料、携帯電話料金といった月額サービスの支払いに楽天カードを使っている場合は、解約前に支払方法を変更しておきましょう。

楽天カードを解約したからといって、自動で支払方法が口座振替や振込用紙に変更されることはありません。自分で変更手続きする必要があるので、変更手続きを忘れると料金未払いになってしまいます。

とくに注意したいのが、スマートフォンの端末代金を分割払いにして、携帯電話料金と一緒に支払っている場合です。

端末代が携帯電話の通話料と合算されるので意識していないかもしれませんが、端末の分割払いは「割賦払い」というローンのようなものなので、支払いが遅れると信用情報に遅延の記録が残る可能性があります。

すると、他のクレジットカードやローンの審査に通りにくくなることがあるので、忘れずに変更手続きを済ませておきましょう。

楽天Edyの残高は残っていませんか?

楽天カード解約後にカードを破棄する予定の人は、楽天Edyの残高にも注意しましょう。楽天カードを解約しても、楽天Edyの残高はそのまま利用可能です。(楽天Edy一体型カードの場合、チャージはできなくなります)

ですが、破棄してしまったり、ハサミを入れて使用できない状態にしたりすると、当然残高は使えなくなります。カードの破棄や紛失による残高補償はないので、返金もしてもらえません。解約したカードの破棄は、楽天Edyの残高を使い切ってからにしましょう。

入会してから十分な期間が経過していますか?

楽天カードを解約するタイミングも気をつけましょう。信用情報には、クレジットカードの解約情報も記録されるからです。

楽天カードを入会後半年以内に解約した記録があると、別のクレジットカードに申し込んだときに新規入会特典目当てではないかと思われて、審査で不利に働く可能性があります。

新規入会特典目当てでも悪いわけではないのですが、他のクレジットカードに申し込むときのことも考えて、最短でも入会後6カ月以上は経ってから解約するのが無難です。

楽天のID・ポイントは解約後もそのまま利用できる

ETCカードや家族カードは本カードとともに解約、楽天Edyのチャージも不可となると、これまで貯めた楽天スーパーポイントも失効するのかと不安になりますよね。

ですが、楽天スーパーポイントは楽天会員のIDで管理されているので、楽天カードを解約しても失効することはありません。楽天カード解約後もそのまま使用できるので、焦って使い切らなくても大丈夫です。

本当に解約する必要はありますか?

ここまで楽天カードの解約方法や解約時の注意点について解説してきましたが、解約手続きに進む前に、そもそも本当に解約する必要はあるのかをもう1度考えてみましょう。

説明したように、カードの種類を変えるときには切り替え処理になるので、解約は必要ありません。また、1枚目がVISAの通常デザインカードであれば、2枚目の発行が可能です。そして、その他にも楽天カードを解約しなくてもよいといえる理由があります。

楽天カードは年会費無料

楽天カードは年会費無料なので、使わずにそのまま持っていてもとくにデメリットがありません。楽天市場ではポイントが3倍付与されるので、楽天市場での買い物用として残しておいても損はないでしょう。

また、楽天カードには、年会費無料のクレジットカードの中では手厚い補償が受けられる海外旅行傷害保険が付いている点もメリットです。

利用付帯なので、出国前に海外旅行代か、自宅から出発空港までの交通費の支払いに楽天カードを利用する必要がありますが、最高2,000万円の傷害死亡・後遺障害補償や賠償責任補償が受けられるなど、内容が充実しています。

海外旅行に行く予定がある人は、海外旅行用として残しておくのもおすすめです。

年会費が必要なカードであれば、年会費発生時期に注意

年会費がかかる楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなどは、年会費発生直後に解約するともったいないので避けた方がいいでしょう。

年会費を支払った直後に解約したとしても、年会費は戻ってこないからです。1年近く持っていれば、どこかのタイミングで楽天カードを使う機会もあるかもしれないので、次の年会費発生時期まで解約せずに残しておきましょう。

もし年会費が負担に感じている場合は、解約するのではなく楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなどから、年会費無料の楽天カードに切り替えるという手もあります。

楽天ゴールドカードは年会費が2200円と安いのに、空港ラウンジ利用権やポイント5倍など特典がたくさんあります。解約しない方がお得かもしれませんよ。

まとめ

楽天カードの解約の手順と、解約時に確認すべきポイントが把握できたでしょうか。

  • 楽天カードの解約は楽天カードコンタクトセンターでのみ受付
  • 楽天カードコンタクトセンターに電話するときには時間帯に注意
  • 国際ブランドやデザインの変更は1度解約する必要があるが、カードの種類の変更は切り替え処理なので解約の必要なし
  • 楽天カードを解約するときは、ETCカードや家族カード、楽天Edy残高などを確認する
  • そもそも楽天カードは年会費無料で海外旅行障害保険などのメリットも多いので、解約せずに持っていても損はない

楽天カードは楽天カードコンタクトセンターに連絡すればすぐに解約できますが、解約せずに持っていても損はありません。

年会費もかからず、楽天市場でのポイントUPや海外旅行生涯保険付帯といったメリットもありますし、カードの種類を変えたいときには切り替え処理で事足ります。解約手続きに進む前に、もう1度本当に解約する必要があるのかを考えてみましょう。